ブラジル式フットサル講習会

ブラジル式フットサル講習会は、フットサルB級指導員akiの指導論・育成フィロソフィーを掲載しているブログです。また、ブラジルで培って来た経験談、コラムも掲載しています。Copyright(C), 2005-2018 MIRACLON ブラジル式フットサル講習会 All rights reserved. このウェブサイトで掲載されている写真・記事・内容の出典を明記しない転載・無断転載・商用の転載を禁じます。

強いシュートを打つには

お悩み相談室で多くの方から

ご質問をいただいた、

「インステップキックで

強いシュートを打つには

どうしたら良いのか?」

に回答すると共に、

強いシュートの打ち方、

蹴り方を伝授したいと思います。

 

 

☆インステップキックのフォーム修正(1)

正しいインステップキックを

身に付けるには、フォームを

安定させる必要があります。

ボールをボールネットに入れて

回転をかけないように

キックする練習をしましょう。

 

ネットが回転することなく、

自分の正面に真っ直ぐに蹴れて、

真っ直ぐ元の位置に戻って

くれば良いフォームで

蹴れている証拠です。

無回転で真っ直ぐ

蹴られていればボールの中心を

ちゃんと捉えられている

証拠ですので、強い

シュートが打てます。

 

ボールの中心を蹴れていないと

ネットがぐるぐる回転してしまいます。

その足の当て方だと実際に

シュートを打った時に

ボールが左右に曲がってしまいます。

 

ボールをよく見て足の甲

(紐の部分)でボールの

中心を蹴りましょう。

 

☆インステップキックのフォーム修正(2)

ボールネットに入れたボールを

蹴る際に、今度は軸足で

踏み込んで蹴ってみましょう。

強いボールを蹴るには

体重移動が必須です。

蹴った後は軸足がその場に

残らないようにします。

 

ボールを蹴った後に蹴り足を

振り抜き、足を振ったその勢いで

自然と軸足と体は前方へ

【跳ぶ】ように移動します。

これを【軸足を抜く】と言います。

 

蹴り足は後ろに引き、

膝から下の「しなり」を

利用して蹴ります。

膝から上には力を入れません。

強いシュートを打つには

パワーは必要ありません。

大事なのはボールを蹴る

瞬間に膝から下を速く

振り抜くことです。

ボールを蹴る瞬間だけ、

膝に力をグッと入れます。

 

強いボールを蹴るには

軸足の踏み込みも強くします!

踏み込む際、親指の付け根

(母趾球)に力を入れて

強く踏み込みます。

 

インステップキックで

強シュートを打つには、

・歩幅を合わせる

・軸足を、おもいっきり踏み込む

・軸足を、おもいっきり踏み込むと

同時に、蹴り足を後ろに引く

・蹴り足だけでなく、

腕や上半身も使いながら

体全体で蹴り足を振り下ろす

(腕の遠心力を利用する

体全体の力を使う。)

・振り下ろした蹴り足の甲で、

ボールの中心を蹴る

・蹴る際、蹴り足の爪先を

下に向ける。

爪先を下に向けることによって、

確実に足の甲をボールに

当てることが出来る。

爪先が上を向いてしまうと、

爪先や指の付け根でボールを

蹴ってしまうので、

ボールの中心を蹴れません。

(トゥーキックになってしまう)

・ボールを蹴った瞬間、

蹴り足は前方に振り抜き、

その勢いで前方へ【跳ぶ】ように

体重移動をする

シュートとは、ボールをゴールに

向かって、蹴ることを指します。

ということは、ボールは前に

飛んで行くものです。

ボールを、強く前に

飛ばさなければいけないので、

ボールに加える【力】は、

当然、前でなければいけません。

前に力を加えるのだから、

体重を前に乗せなければ、

力が前に伝わりません。

・膝から下を速く振り抜くこと

 

※足を振り抜くことの勘違いについて

<足を振り抜く>というと、

真上に足を振り上げて

しまう人がいます。

それだと力が上に逃げてしまい、

ボールに力が伝わりません。

シュートはボールを前に

強く蹴り出すプレーですので、

力を前に伝える必要があります。

足は前に伸ばすように振り抜きます。

爪先を下に向け、膝から下の

スナップを利かせて前に

振り抜くことで力を前に

伝えることが出来、ボールが

ゴールに向かって飛んで行きます。

  

参考にしていただけたら幸いです。