ブラジル式フットサル講習会

ブラジル式フットサル講習会は、フットサルB級指導員akiの指導論・育成フィロソフィーを掲載しているブログです。また、ブラジルで培って来た経験談、コラムも掲載しています。Copyright(C), 2005-2018 MIRACLON ブラジル式フットサル講習会 All rights reserved. このウェブサイトで掲載されている写真・記事・内容の出典を明記しない転載・無断転載・商用の転載を禁じます。

【サッカー】CK、クロスから得点するには

サッカーロシアワールドカップが開催中なので、

サッカーの戦術について書きたいと思います。

 

サッカーはフットサルよりもダイナミックな

プレーが多く、そのうちの一つがCKや

サイドラインから上げられるクロスを

ゴール前で合わせるプレーでしょうか。

 

得点の多くがCKやクロスから

生まれています。

 

この10数年間、多くの小中高校生と

大学生を指導して来ました。

その中にはもちろんCKやクロスからの

シュート練習もありました。

しかし、その多くが残念なもので、

誰もが【シュートを決めるポイント】

を理解出来ていませんでした。

 

CKやクロスというと、

日本人の多くがその場で待ち構え、

垂直跳びをしてヘディングシュートを

打とうとします。

これが大きな間違いです。

 

ただでさえ身長が高くない日本人が

垂直跳びでどれだけ高く跳ぶことが

出来るでしょうか。

垂直跳びでは助走をつけた場合に比べ、

高く跳ぶことが出来ません。

 

また、その場でヘディングすることに

なるので、シュートを打つ時の勢いが

全くありません。

ヘディングシュートに力が

伝わらないのです。

 

CK・クロスをゴール前にあげて

ヘディングシュートを狙う場合、

ピンポイントで合わせるようにして

その場で垂直跳びしての競り合いは、

圧倒的にGKが有利です。

GKは手が使える分、FPよりも

高い所にあるボールに手が届くことが

GK有利の理由です。

 

(1)垂直跳びでは高く跳べない

(2)垂直跳びではボールに力が伝わらない

(3)GKが有利

 

以上のことからCK・クロスから

得点を狙う際、垂直跳びで

競り合っている選手やチームは

シュートを決めることが出来ない

と言っても過言ではありません。

 

それでは、どうしたらCKやクロス

からのボールをゴールに結びつける

ことが出来るでしょうか。

以下、ポイントを挙げさせていただきます。

 

【CK・クロスボールから得点するには】

(1)ボールを強く叩く・蹴る

(2)後ろからスペースに走り込む

(3)勢いよく飛び込む

以上、3つが大事になります。

 

CK・クロスを上げる側は、

ピンポイントで「人」に

合わせるようにして蹴るのではなく、

誰もいないスペースに

蹴ることを心がける。

もしくはペナルティーエリアの

外から走り込んで来た選手が

ヘディングシュートを打つために

飛び込みやすいスペースめがけて

蹴ることが重要です。

 

アーリークロスからのシュートを

狙う場合、キッカーは速いボールを

GKとDFの間のスペースへ入れます。

クロスは低くても高くても、

どちらでも構いません。

大事なことは「速いボール」ということです。

そして合わせる選手はスペースへ

後ろから走り込んで、

ダイレクトプレーでシュートを

打つこと。

 

たったこれだけのことで

CK・クロス・アーリークロス

からの得点は増えます。

 

逆に言えば、垂直跳びのように

その場で止まった状態から

真上にジャンプしてヘディング

シュートを決められる確率は

ものすごく低いです。

 

フットボールのセオリーとも言えます。

CK・クロス・アーリークラスから

得点できるようになりたい選手、

得点できるようになりたいチームは、

以上のことを取り入れましょう。