ブラジル式フットサル講習会

ブラジル式フットサル講習会は、フットサルB級指導員akiの指導論・育成フィロソフィーを掲載しているブログです。また、ブラジルで培って来た経験談、コラムも掲載しています。Copyright(C), 2005-2018 MIRACLON ブラジル式フットサル講習会 All rights reserved. このウェブサイトで掲載されている写真・記事・内容の出典を明記しない転載・無断転載・商用の転載を禁じます。

サッカーとフットサル、GKの違い

フットサルのGKはサッカーのGKとは

違う技術・能力が求められます。

もちろんサッカーと同じ技術も使用しますし、

必要とされます。

 

しかし、フットサルはサッカーよりも

至近距離でのシュートが多く、

1対1の場面が多いことから

フットサルにより特化した技術を

身に付ける必要があります。

 

フットサルではサッカーのGKよりも

弾く技術、

飛びつく技術よりも面を作ったまま

寝ないでシュートブロックする技術、

グラウンダーのシュートに対して

手で飛びつくのではなく、

足を伸ばしてシュートセーブする技術

などが求められます。

 

スローイングはサッカーのように

遠く飛ばす必要がないため、

肩ではなく肘と手首で投げます。

そしてボールを掴んで投げる

技術も求められます。

 

サッカーではGKをやっていなかった人が

フットサルではGKに転向することも沢山あります。

過去に元野球少年だった選手を二人

指導したことがありますが、

二人ともFリーグの下部組織に

入団出来る実力者になりました。

それらの人たちに共通して言えたことは、

股関節が柔らかく、身体全体に

柔軟性が備わっていたことです。

 

そして、基礎中の基礎と言えるような

地味な練習を毎回嫌な顔をせず、

真面目に取り組んでくれました。

 

これからフットサルに転向する

サッカーGKの方、

サッカーのGK経験無く

フットサルのGKを務める方には、

弾く技術とボールを掴んで投げる

スローイングの技術、

足を伸ばしてシュートセーブする技術、

そして身体の柔軟性を

身につけていただきたいです。

 

GKほど基礎練習の反復と

身体の柔軟性が求められる

ポジションはないということを

お伝えします。