ブラジル式フットサル講習会

ブラジル式フットサル講習会は、フットサルB級指導員akiの指導論・育成フィロソフィーを掲載しているブログです。また、ブラジルで培って来た経験談、コラムも掲載しています。Copyright(C), 2005-2018 MIRACLON ブラジル式フットサル講習会 All rights reserved. このウェブサイトで掲載されている写真・記事・内容の出典を明記しない転載・無断転載・商用の転載を禁じます。

プレースピードを速くする

競技チーム・エンジョイチーム問わず、

チームメイトから「判断を早くしろ ! 」

「遅い ! (プレーが) 」と

言われてしまう選手がいます。

それは何に原因があるのでしょうか ?

 

フットボールは団体競技なので、

数的不利な状況ではボール保持者1人で

プレースピードを速くするには限界があります。

パスコースが消されてしまっていたり、

味方がフォローのために動き直してくれない、

というような場合はボール保持者1人で

「判断を早くする」「プレーを速くする」

のはとても難しいです。

 

よって、前述のセリフを言われる場合の多くは、

味方がフォローに来ていたり、

パスコースがいくつかあったり、

ドリブルするスペースがある、

シュートコースが空いている、

という状況にあるはずです。

 

・パスコースがある

・ドリブルするスペースがある

・シュートコースが空いている

にも関わらず、プレーが遅いのはなぜでしょうか ?

 

【原因】

(1)試合経験が不足している

(2)視野が狭い

※下を向いている、ボールばかり見ている

(3)技術が不足している

(4)チームメイトに遠慮している ※萎縮している

 

その原因はこれらにあると言えます。

原因がわかっている以上は改善することは可能です。

原因を踏まえて、判断を早くするために

個人がやれることは、

 

(1)個人練習

パス・ファーストタッチ・ドリブルなどの基本技術習得

(2)チーム練習

体の向きを強制する。

ピッチの全体が見渡せる体の向きを意識する。

(3)フットサルの勉強

シチュエーションごとに求められるプレーの知識習得

(4)チーム練習

チームメイトのプレースタイルを把握する。

(5)チーム練習及び練習外

チームメイトと仲良くなる。

(6)チーム練習及び練習試合

沢山プレーする。対人プレーの経験を積む。

(7)チーム練習

パスをもらう前に首を振って、周りを見る。

※ボールを持っていない時、常に周りを見るようにする。

自分以外の味方と敵の位置確認。

 

このようなことを行うことでプレースピードは

改善させていくことが可能になります。

 

ボールを保持している選手に対して、

ボールを持たない選手が数的優位を作ったり、

何度も動き直すことでパスコースは増えます。

 

パスコースが増えればその分、

ボール保持者は迷うことが少なくなり、

パスやドリブル、シュートというプレーを

状況に応じて素早く選択することが出来ます。

 

しかし、いくら選択肢が増えても、

瞬時に最適なプレーを選択することが出来ても、

究極のところそのプレーを繰り出す

技術がなければ、本末転倒です。

 

最適なプレーを瞬時に判断することと、

それらを可能にするための個人スキルの向上などを目的に、

技術練習とフットサルの勉強を個人で

行っていかなければいけません。

 

プレースピードを速くして自分が周りを

引っ張って行けるようになれれば、

よりフットボール(フットサル)が

楽しいスポーツだと思えるようになります。

 

フットサルをより楽しむための

手助けができたら、幸いです。