ブラジル式フットサル講習会

ブラジル式フットサル講習会は、フットサルB級指導員akiの指導論・育成フィロソフィーを掲載しているブログです。また、ブラジルで培って来た経験談、コラムも掲載しています。Copyright(C), 2005-2018 MIRACLON ブラジル式フットサル講習会 All rights reserved. このウェブサイトで掲載されている写真・記事・内容の出典を明記しない転載・無断転載・商用の転載を禁じます。

大学/U-18チーム・トレーニング(2014,10/23)

2014年10/23(木)に行ったチーム練習のレポートです。

 

 

●体幹トレーニング

●ストレッチ

●股関節のダイナミック運動

 

●足裏パス交換

・2人が1mで向かい合い、足裏でパス交換。

・片方が真っ直ぐ返し、もう片方が対角に返す。

・最速で20本つなぐ。

 

●対面パス

・インサイドキック➡押し出す足裏トラップ➡一歩踏み込んでインサイドキック

・10mの距離で足裏で押し出すトラップを確認しながらパス交換

 

●足裏横転がしパス

・マーカーコーンを置いて、向かい合う。

・足裏でボールを横に転がしボール一個分ずらして即インサイドキック。

 

※足裏でボールを転がすのは一回転のみ。二回転させてしまったり、少し横に

 歩いてしまうとDFが対応してしまいます。

 一回転させたら、転がした足をそのまま踏み込んで、一歩で蹴ります。

 

●FIXO➡ALAのパス交換

・横パスを出したら裏を狙う(クロスステップ)➡一歩外に膨らむステップのあと、

 一歩だけピッチ中央側に踏み込みながら足裏で押し出すトラップ➡横パス➡

 裏を狙う➡ステップ➡足裏で押し出すトラップ

 これの繰り返し。

 

●コンビネーションプレー(2人の崩し)

・FIXOとALAが上記プレーと同様にパス交換し、タイミングを見計らってパラ、

 ワンツー、DFのライン間をつく動き、 ダイアゴナルランなどでシュートまで持って行く。

 

※ダイアゴナルランの場合、自分がシュートを打てる身体の向きになっておくこと。

 もしボール側を向いてしまったら(ゴールに背を向けたら)、パスを出した選手が

 そのままボールに向かって走って行き、ダイアゴナルランをした選手からのポストプレーで

 シュートを打つ。パス&ゴーの流れなので、難しく考える必要はありません。

 

●シュート練習(1)

・パラレラ

※シュートはファーサイドのマーカーを狙う。

 

●シュート練習(2)

・トラップでDFをかわすプレー

・ALAの位置で飛び込んできたDFをファーストタッチでかわす。

・DFから遠い足のインサイドにひっかけて、外側に回る。

・腕でDFをブロックし、腕を利用する。

・シュートはファーサイドのネットへ

 

●シュート練習(3)

・トラップでDFをかわすプレー

・トラップで、飛び込んできたDFをかわす。

・足裏でボールを斜め前に押し出す。

・シュートはファーサイドのネットへ

 

●3人のパス回し

・エイト、サイを使ってパスを回して行く。

・しゃべる、動き続ける、動き直す、後ろ足でプレー、攻めるゴールを向く

 

 

以上がトレーニングメニューになります。

 チームトレーニングや自主トレなどの参考にしていただけたら幸いです。