ブラジル式フットサル講習会

ブラジル式フットサル講習会は、フットサルB級指導員akiの指導論・育成フィロソフィーを掲載しているブログです。また、ブラジルで培って来た経験談、コラムも掲載しています。Copyright(C), 2005-2018 MIRACLON ブラジル式フットサル講習会 All rights reserved. このウェブサイトで掲載されている写真・記事・内容の出典を明記しない転載・無断転載・商用の転載を禁じます。

10,11/11(木) ユースフットサルノート

☆U-23参加メンバー:武、雄

☆U-18参加メンバー:碓、尾、健、蘭、外、櫻、寿、露、浩、小、梯、横、真
☆U-15参加メンバー:盛
 
 
●アップ
・各自、自由にウォーミングアップ及びストレッチ。
 
●ペラドン
・8対8
・3タッチでシュートはヘディング。
・相手ボールになったらボールを奪いに行く。縦のパスコースを切って、真ん中で奪う。
 (PIVOの前に出て奪う)
 
●1対1
・ペナルティマークの位置にDFが待機し、オフェンスはボールを保持してDFの2m手前に立つ。
 オフェンスとDFが一回パス交換をして、DFがオフェンスに戻したら1対1スタート。
・オフェンスはキックフェイントや左右の切り返し、シザース、ダブルキックなどを駆使して
 ボール1個分ずらしてシュートコースを作る。シュートコースが空いたら
 抜ききらずにシュートを打つ。目的はDFを抜く事ではなく、シュートを決める事。
 ドリブルはその手段でしかないので、目的と手段をはき違えないようにする。
 
●キックインからの4対4
・オフェンスのキックインから4対4のゲーム。
・DFはPIVOへのパスコースを必ず切るようにする。内切りを徹底。
 
●ゲーム
・1stセット:尾、真、横、梯
・2ndセット:蘭、櫻、寿、コーチ
・3rdセット:木、盛、小、武
 
<話した内容>
・相手チームからのキックインは内絞りのポジションをとってPIVOへのパスコースを消す。
・ハーフまで押し込まれた状態では内絞りを徹底。
・相手陣地の3本目ラインからは縦切りで、FIXOがPIVOの前に出てパスカットを狙う。