ブラジル式フットサル講習会

ブラジル式フットサル講習会は、フットサルB級指導員akiの指導論・育成フィロソフィーを掲載しているブログです。また、ブラジルで培って来た経験談、コラムも掲載しています。Copyright(C), 2005-2018 MIRACLON ブラジル式フットサル講習会 All rights reserved. このウェブサイトで掲載されている写真・記事・内容の出典を明記しない転載・無断転載・商用の転載を禁じます。

コラム

私の指導・育成・チーム作りの哲学です。

試合中はしゃべろう

当たり前のことですが、サッカーと フットサルは団体競技です。 自分一人でプレーするスポーツは 個人競技で、複数人で一緒に プレーするスポーツは団体競技 となります。 「団体競技は複数人でプレーする」 これは誰もがわかっていることで、 何を今更・・…

【サッカー】CK、クロスから得点するには

サッカーロシアワールドカップが開催中なので、 サッカーの戦術について書きたいと思います。 サッカーはフットサルよりもダイナミックな プレーが多く、そのうちの一つがCKや サイドラインから上げられるクロスを ゴール前で合わせるプレーでしょうか。 得…

ゴール前で優先すべきプレーはシュート

ゴール前でのプレーの優先順位は シュートが一番だと思っています。 ボール保持者がシュートを 打とうとするからDFは シュートブロックをしようとして 一瞬体が硬直したり、 足を伸ばす動作をします。 DFがそのような状態に なった時こそドリブルで抜く チャ…

所属する選手全員がキャプテンであるかのように、リーダーシップを発揮するチームは強い

練習中、プレーの質や雰囲気が 「温い」と感じたならば、 一人で心の中でモヤモヤを抱えずに、 チームメイトに訴えることが大事で、 訴える勇気を持って欲しいです。 練習でミスしても平気な顔をして 反省しているそぶりがなかったり、 無難なプレーばかりで…

試合に出られる環境 それが選手にとって一番価値があること

なかなか試合に出してもらえない、 試合に出られても数分間だけ、 という選手たちにはレンタル移籍を 検討してもらいたいです。 10代から20代前半の若い選手は、 いつどのタイミングで成長するか 本当に未知数です。 早熟で小学生の時に化ける選手もいれば、…

フットサルからサッカーを学ぶ

「フットサルからサッカーを学ぶ」 をテーマに書いてみます。 フットサルをプレーすると 狭いスペースでのボールキープや ドリブルテクニックが身につく、 と言われがちですが、 私はサッカーIQ(フットボールIQ) も高くなると声を大にして 言いたいです。 …

トレーニングで伝えるべきこと、 伝えてはいけないこと

5月7日(月)に書いた、 「一日のトレーニングをオーガナイズする」 という記事の続きになります。 トレーニングには必ず一日の目的があります。 週末に行われた試合で出た課題をクリアする、 良くなかったプレーを改善する、 チーム戦術を確立するために…

フットサルのディフェンスで大事な三つのこと

フットサルのディフェンスで 大事なことは三つあります。 一つはボールを自陣ゴールに 近づけさせないこと。 自分の目の前にボールがあれば 「奪える!」と思って奪いに 行ってしまう選手もいるかと思います。 目の前で奪えればピンチを チャンスに変えられ…

フットサルでも基本は大事〜高いレベルの守備戦術を取り入れる時期〜

日本のフットサル界はサッカーを ある程度続けた後、 大学生や社会人になってから フットサルに転向する選手で 成り立っています。 よって、フットサルの基本技術・ 基本戦術や知識を学ばないまま 社会人リーグという高いレベル をプレーする選手ばかりに な…

一日のトレーニングをオーガナイズする

サッカー、フットサルの指導者もしくは 指導者を目指している方の参考になればと思い、 一日のトレーニングの流れについて書いてみました。 トレーニングは全て繋がっていなければいけません。 最初にパスをやって、次にドリブルをやって、 シュート練習をや…

PIVO ターンからのシュートのコツ

PIVOに求められているプレーは大きく二つに分けられます。 一つがターンからのシュート。もう一つがボールキープから味方へのアシストです。 今回はPIVOのターンからのシュートについて書いてみたいと思います。 相手ゴール前でDFを背負った状態でパスを受け…

サッカーとフットサル、GKの違い

フットサルのGKはサッカーのGKとは 違う技術・能力が求められます。 もちろんサッカーと同じ技術も使用しますし、 必要とされます。 しかし、フットサルはサッカーよりも 至近距離でのシュートが多く、 1対1の場面が多いことから フットサルにより特化し…

体育にフットサル反対?ミニサッカーに・・・

「体育にフットサル反対、ミニサッカーに」という記事が出ました。 学校現場の負担が大きいことが理由のようです。 記事が出てから様々な反応がありましたし、 私自身フットサルを指導しているのでモヤモヤしています。 しかし、一番大事なことは、 「子ども…

プレースピードを速くする

競技チーム・エンジョイチーム問わず、 チームメイトから「判断を早くしろ ! 」 「遅い ! (プレーが) 」と 言われてしまう選手がいます。 それは何に原因があるのでしょうか ? フットボールは団体競技なので、 数的不利な状況ではボール保持者1人で プレース…

ドリブルとボールコントロールの違い

ボールコントロールとドリブルの違いを理解することは大事です。 パスコースを作るために横に動かすプレー、 ボールを前に運ぶプレー、 目の前の相手選手を抜くような突破するためのプレー、 バランスを取るためにボールを保持したまま ポジションを修正する…

体の小さい選手に立ち向かって欲しいこと

体の小さい選手がサッカー・フットサルで必ずぶつかる壁は、 体格差による当たり負けと後ろから追いつかれることの二つです。 小学生・中学生だけでなく、高校生でも身体の小さい選手はいます。身体が小さい選手は大きな選手に当たると、跳ね飛ばされます。…

ランニングフォームを改善することでスピードに変化が現れる

走るスピードが遅くても良いと思うスポーツ選手は、きっといないはずです。 誰もが速く走れるようになりたいと願っているのではないでしょうか。 現状のスピードに満足していない、少しでも速くなりたいと願うならば、 走るトレーニングをするなどの努力が必…

ジュニアの指導現場で気になったこと

今回はジュニアの指導現場を見ていて気になったことを書いてみたいと思います。普段何気なく見ていて、それが当たり前になってしまっていることもあるかもしれません。しかし、スポーツの指導で一番大事なことは何か?ということを考えると、実は「あれ?も…

監督とコーチ、理想の関係

2016年3月に高知県へ移り住み、顧問の先生が監督を務める中学サッカー部で外部コーチを務めた際にある覚悟を持って臨んでいました。 それは、サッカーやフットサル(チームスポーツ)における監督とコーチの理想の関係は、 一心同体であること!です。 どう…

フットサル3級審判更新講習会~実技テスト~

2016年12月11日(日)に2017年度審判ライセンス更新のため、 フットサル3級審判更新講習会へ参加して来ました。 東京都サッカー協会での更新講習会は座学のみだったのですが、 今回は実技テストということで、初めての体験です。 東京以外の更新講習会を受講…

身体作りについて

今回は身体作りについて書かせていただきます。 (身体作り全般の話であって、単純な筋肥大ではありません。) 向上心があり、より上のレベルでプレーしたい、と思う選手は 中学生ぐらいから身体作りを始めるようになります。 (身体作りは高校生からでも遅…

ブラジルで学んだこと~パスは浮かさない~

私自身、今まで多くのことを経験して来ましたので、 ブラジル等で学んで来たことをフットボール界に還元したいと思います。 今回は選手時代に学んだことを書かせていただきます。 自分に自信がなければ海外挑戦などしないものです。 私も自信を持って渡航し…

攻守が一体となったディフェンス~前プレについて~

戦術とは戦う術であり、勝利を目指す以上はチームそれぞれにあった 戦術(戦い方)というものがあります。 そしてチーム戦術は攻撃と守備の二つに分けられます。 チームにはそれぞれ攻め方と守り方というものがあり、 例として、攻撃に関しては自陣から繋い…

審判資格を取ること、講習会に参加することのメリット

今回は、チームにおける帯同審判員の確保問題について書きたいと思います。 競技レベル問わず、協会オフィシャルリーグに加盟するには 「審判資格取得者が帯同審判員としてチーム内に2名以上いること」 が条件の一つとなっています。 ※1名だけで良いというと…

ストレッチの重要性(3)~ケガを未然に防ぐ~

2016年6月7日に行った中学サッカー部の 「ストレッチの重要性」に関する講義の続き(3)です。 スポーツなどを行った後、多くの人が筋肉痛になると思います。 これは筋肉に普段以上の無理な力が加わったために起こることで、 筋肉がピンと伸びきって固くな…

ストレッチの重要性(2)~ケガを未然に防ぐ~

2016年6月7日に行った中学サッカー部の 「ストレッチの重要性」に関する講義の続きです。 激しいスポーツをするなど、筋肉に無理な力がかかると筋肉は固くなる! ということを前回書きました。 スポーツをして筋肉が固くなっているにもかかわらず、 ストレッ…

ストレッチの重要性(1)~ケガを未然に防ぐ~

2016年6月7日に中学サッカー部にて、 ストレッチの重要性について講義を行いました。 今回は講義の内容を基に、「ストレッチの重要性」というテーマで 書いてみたいと思います。 ☆どうしてストレッチをやらなくてはいけないのか 激しいスポーツをすると筋肉…

子どもが話を聞くようになるには

今日は、チーム(スクール)の子どもたちが、 どうしたら話を聞くようになるか、 遊ぶのを止めるか、 という話を書きたいと思います。 自分自身が子どもの頃のことを思い出すと、 学校の勉強もそうですが、大人から強制的に「~しなさい」 「~をやめなさい…

心のよりどころ

チームにとって「心のよりどころ」はとても大事だと思っています。 「心のよりどころ」とは、 頼みにすることろ、支えてくれるもの、です。 試合中、苦しい時に「心の拠り所」があれば焦りは生まれませんし、 「俺たちにはこれがあるんだから大丈夫!」とい…

リーグのために審判ライセンスを取得するということ

フットサルだけでなく、サッカーもリーグ加盟するならば、 「チームに審判ライセンス有資格者が2名以上いること」 が条件となります。 上のカテゴリーのチームになれば登録上の関係で必要なだけで、 実際には笛を吹くことはほとんどなく、 運営日の第三審判…